保険コンパスがお届けする、
ライフアップマガジン

COMPASS TIMES

無料相談
予約受付中!

まずはお気軽にご相談ください
0120-609-339
受付時間 9:00〜18:00 年中無休
スマホさえあればどこでも相談可能です
お待たせせずスムーズにご案内できます
  1. 保険コンパス トップ
  2. コンパスタイムズ
  3. ルミネカードのメリット・デメリットは?利用者の評判や口コミを紹介
クレカ・証券会社・ネット銀行比較

ルミネカードのメリット・デメリットは?利用者の評判や口コミを紹介

ルミネで買い物をする機会が多い人は、ルミネカードが気になっているのではないでしょうか。本記事では、ルミネでよく買い物をするなら持っておきたいルミネカードについて詳しく解説します。

ルミネカードをおすすめする人やメリット・デメリット、申し込み方法も紹介するので、ルミネカードが気になっている人は参考にしてください。

ルミネカードはどのような人におすすめ?

ルミネカードは、ルミネ店舗・ルミネウィング・ニュウマン・ネット通販のアイルミネで支払った金額から5%オフになります。また、年に数回ほど10%オフになる期間があるため、ルミネをよく利用する人なら普段の買い物がお得になります。

ルミネ館内ではカード会員限定の特典やサービスがありますが、ルミネカードには「LUMINE STYLE」という国内外20万か所で使える優待サービスがあります。

また、ルミネカード自体がSuicaとして利用可能で、オートチャージも搭載されています。Suicaチャージでポイントが3倍になるため、普段からSuicaを利用する人にもおすすめのカードです。

ルミネカードの評判・口コミ

ルミネカードの評判や口コミを紹介します。

ルミネカードの良い評判・口コミ

ルミネ店舗で常に5%オフで買い物ができる点や、Suica一体型である利便性とSuicaチャージでポイントが3倍になるなどの良い意見が見られました。

ルミネでの買い物で常に5%オフになるだけでなく、年に数回、割引率が10%になるのもこのカードの魅力です。

ルミネカードの悪い評判・口コミ

ルミネ店舗以外での特典が少ないという声が多く見られました。

ルミネカードの基本還元率は0.5%なので、普段からルミネやSuicaを利用する人以外だと、メリットを感じにくいかもしれません。

ルミネカードのメリット

これまで紹介したおすすめポイントや、利用者の声を元にルミネカードのメリット紹介していきます。

ルミネカードのメリット
 

ルミネ店舗でいつでも5%オフ
Suicaチャージでポイント3倍
優待サービスが充実

ルミネ店舗でいつでも5%オフ

ルミネ店舗・ルミネウィング・ニュウマン・ネット通販のアイルミネでの支払いが、いつでも5%オフです。ルミネカードの2年目以降にかかる年会費が1,048円(税込)なので、年間で約2万円以上利用するなら、年会費分の元が取れることになります。

また、年に数回、10%オフになるキャンペーンも開催されるため、ルミネ店舗で買い物をする機会が多い人には大きなメリットです。なお、ルミネカードの割引はバーゲン時にも適用されます。

Suicaチャージでポイント3倍

ルミネカードでは、JR東日本グループ共通ポイントである「JREポイント」が貯まります。VIEWプラス商品ならポイントが3倍から最大で10倍になるのも大きなメリットです。

たとえばモバイルSuicaの利用ならポイントが3倍になりますが、ルミネカードの通常還元率は0.5%のため、ポイント3倍で還元率が1.5%になります。JREきっぷの予約、グリーン券・おトクなきっぷ・定期券購入の場合はポイント6倍となり、還元率は3%です。

該当するおもなVIEWプラス商品は次の通りです。

乗車券、定期券、特急券、回数券
Suicaカード・Suica定期券
ビューカードでのSuicaチャージ
モバイルSuicaまたはSuicaアプリ
JR東日本ツアー

貯まったJREポイントは、還元率最大1.84%のルミネ商品券へ交換できます。そのほかにも1ポイント1円でSuicaにチャージできたり、ビルやショッピングモールサイトの買い物に使ったり、JRE POINT WEBサイトで商品と交換も可能です。

優待サービスが充実

ルミネカードには、「LUMINE STYLE」という優待サービスがあります。「LUMINE STYLE」は、株式会社リロクラブが運営する「クラブオフアライアンス」の会員として、国内外の20万か所のホテルやレストラン、スパ、レジャー施設などでさまざまな優待を受けられるサービスです。

さらに、ルミネ館内でもルミネカード会員限定の特典やサービスを受けられます。

たとえば、1年間のカード利用金額に応じてルミネ商品券がプレゼントされたり、ルミネアプリの「ONE LUMINE」を連携してプラチナランクになると、限定イベントへの招待やホテルランチ・ホテルスパの優待補助券がもらえたりします。

ルミネカードのデメリット

ルミネカードのデメリットについても確認しておきましょう。

ルミネカードのデメリット
 

年会費がかかる
家族カードは発行できない
JREポイントの交換先が少ない

年会費がかかる

ルミネカードは、初年度の年会費が無料です。しかし、2年目以降は1,048円(税込)の年会費がかかります。

年会費が無料で還元率が高いカードも多く存在するため、年会費がかかることはデメリットとも言えそうです。

家族カードは発行できない

ルミネカードでは家族カードを発行できません。そのため、家族がルミネカードを作りたい場合は、それぞれ本人が個別に申し込む必要があります。

また、ルミネカード1枚につきETCカード1枚が発行できますが、ルミネカードの年会費とは別に524円(税込)の年会費がかかります。

ETCカードのなかには、年会費無料のカードも多く存在するため、コストがかかることはデメリットの1つです。

JREポイントの交換先が少ない

ルミネカードで貯まるJREポイントは、マイルへの交換やAmazonギフトへの交換、コンビニでのポイント支払いなどに充てることができません。

還元率が最大1.84%のルミネの商品券に交換できたり、Suicaのチャージにも使えたりしますが、交換先がやや限定されているといえるでしょう。

ルミネカードの基本情報

ルミネカードの基本情報は次の通りです。

年会費 初年度無料・2年目以降1,048円(税込)
ポイント還元率 0.5%
申し込み条件 日本国内居住の電話連絡がとれる満18歳以上(高校生不可)
発行日数 最短即日(店頭)発行
国際ブランド VISA/JCB/Mastercard
電子マネー・スマホ決済 Suica、ApplePay
旅行傷害保険 国内旅行傷害保険:最高1,000万円
海外旅行傷害保険:最大500万円
ショッピング補償 ×
利用可能枠 最大60万円(増減額可能)
支払日 翌々月4日払い/末日締め

ルミネカードの申し込み方法

ルミネカードは、ルミネ店舗なら即日で仮カードの発行が可能です。店舗でのルミネカード申し込み手順は次の通りです。

また、すぐに店舗に行く機会がない場合は、公式サイトから申し込むこともできます。

公式サイトからの申し込み方法

オンライン口座振替の場合

オンライン口座振替の場合、お支払い口座登録手続きをオンラインで設定するため、書類の郵送が不要です。オンライン口座振替取扱金融機関はこちらから確認できます。

手続きが完了すると最短1週間でカードが届きます。

必要書類を郵送で提出する場合

必要書類を郵送で提出する場合、本人確認書類(コピー)を2点と口座振替依頼書を送付します。

本人確認書類は、運転免許証・保険証・パスポートなどが使用できます。持っている書類によって組み合わせが異なるため、詳しくはこちらを確認してください。

手続き完了後、最短10日でカードが届きます。

ルミネでの買い物やSuicaを使うならルミネカードがお得

ルミネ店舗をよく利用するなら、常に5%オフになるルミネカードがおすすめです。店舗でのショッピング割引だけでなく、さまざまな会員限定特典や優待サービスも利用できます。

また、定期券を毎月買う人やSuicaを日常的に利用する人もポイントが3倍になるため、お得に利用できるでしょう。

貯まったポイントはSuicaチャージやルミネの商品券に交換できるので、Suicaを利用していてルミネで買い物をすることが多いなら、持っていて損はないカードです。

クレジットカードの関連記事

・女性におすすめのクレジットカード
・ゴールドカードのメリット・デメリット
PayPayカードのメリット・デメリット
・学生におすすめのクレジットカード
・年会費無料のおすすめクレジットカード

SHARE ON:

コピー
完了

保険コンパスの
サービスを知る

無料相談
予約受付中!

まずはお気軽にご相談ください
0120-609-339
受付時間 9:00〜18:00 年中無休
スマホさえあればどこでも相談可能です
お待たせせずスムーズにご案内できます