保険コンパスがお届けする、
ライフアップマガジン

COMPASS TIMES

無料相談
予約受付中!

まずはお気軽にご相談ください
0120-609-339
受付時間 9:00〜18:00 年中無休
スマホさえあればどこでも相談可能です
お待たせせずスムーズにご案内できます
  1. 保険コンパス トップ
  2. コンパスタイムズ
  3. 生命保険の種類は大きく分けて4つ!正しい選び方を身につけよう
生命保険

生命保険の種類は大きく分けて4つ!正しい選び方を身につけよう

自分自身や家族などに起こるさまざまなリスクに備えられる生命保険。生命保険をうまく活用すれば、日々の暮らしをより安心なものにできます。

しかし、生命保険といってもその種類はさまざまです。「生命保険の選び方が分からない」「自分に適した生命保険はどれだろう」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

この記事では生命保険の種類ごとの特徴や選び方を説明します。

まずは生命保険の種類を知ろう

生命保険は、大きく次の4つに分けられます。

  • ・死亡時などに備える生命保険
  • ・病気やケガに備える生命保険
  • ・将来の資金を貯める目的の生命保険
  • ・介護に備えるための生命保険

死亡時などに備える生命保険

生命保険と聞くと、死亡時の保障をイメージする人も多いのではないでしょうか。

これは、生命保険の中でも「死亡保険」と呼ばれるタイプのもので、保険がかけられている人が亡くなったときや、高度障害状態になったときに保険金が支払われるのが特徴です。

死亡保険は、「定期保険」「終身保険」「収入保障保険」の3つに分けられます。

定期保険は、10年間や60歳までのように保険期間を設定するのが特徴で、子育て期間中や定年退職までなど、保障が必要な期間に応じて保険期間を設定することもできます。

そのぶん割安な保険料で備えを用意できるのがメリットです。

終身保険は、保険の対象となる人(被保険者)が、死亡または高度障害状態になって保険金が支払われるか、解約するまで保障が続く保険です。

保障内容が同じである場合、定期保険より保険料は割高ですが一生涯の備えを用意できるのがメリットです。

収入保障保険は、被保険者が死亡または高度障害状態になったときに、保険期間が満了するまで月額の保険金が支払われます。

毎月一定額を受け取れるため、家計の収入源が失われても保険金を生活費や教育費などに充てられます。

また、一括での受け取りも可能です。

病気やケガに備える生命保険

病気やケガに備える保険は、被保険者が死亡や高度障害状態になっていなくてもお金を受け取れるのが特徴です。

たとえば医療保険は、入院や手術をするときに、それぞれ所定の給付金が支払われます。

種類によっては、一度お金を受け取っても再度病気にかかったときにもう一度受け取りが可能です。

また、病気に備える生命保険には、がん保険のように、がんにかかったときに限定して保障するタイプの保険もあります。

がんと診断されたら一時金を受け取れたり、抗がん剤治療や放射線治療など、所定のがん治療を保障してくれたりするので、保障の対象ががんに限定されているぶん、通常の医療保険よりも手厚いサポートを受けることも可能です。

将来の資金を貯める目的の生命保険

生命保険の中には、将来的に必要となる資金を貯められるものもあります。

たとえば、学資保険では、将来子どもが進学したときに必要な学費を貯めつつ、保険料払込免除特約を付ければ契約者に万が一のことがあったら保険料の納付を免除してもらえます。

個人年金保険に加入すると、保険料を支払うことで老後資金を準備でき、契約時に定めた年齢になると、所定の年金を一定期間または一生涯にわたって受け取れます。また年金の代わりに、一括で受け取ることも可能です。

支払った保険料は、将来の保険金支払いに備えるため、生命保険会社によって運用されています。そのため、将来受け取るお金を増やすことも可能です。

介護に備えるための生命保険

高齢化が進む日本では、介護になったときの備えを考えることも大切です。生命保険には、介護に備えるための保険もあります。

保険会社が提供する介護保険は、所定の要介護状態になったときに介護一時金や介護年金を受け取れるのが特徴です。

要介護状態にならずに死亡したときや、高度障害状態になったときは、死亡保険金や高度障害保険金を受け取れるものもあるため、商品によっては介護が必要な状態だけでなく万一にも備えられます。

生命保険の選び方に迷った経験がありますか?

生命保険にはさまざまな種類があるため、加入したことがない人は「結局どれを選べば良いか分からない」と悩むかもしれません。

2021年11月におこなった編集部が独自調査では、生命保険に加入している100人のうち、50.9%の人が「生命保険の選び方に迷ったことがある」と回答しています。

残りの49.1%の人は迷わず生命保険を選べたようですが、保険料や特約など、生命保険の細かい部分を設定するのに少なからず疑問や悩みを持ったのではないかと考えられます。

(「はい」と回答した人)生命保険の選び方に迷った理由

先ほどのアンケートで「生命保険の選ぶのに迷ったことがある」と回答した人の声を聴いてみると、「どの会社のどのプランに申し込めば良いのか迷った」「保険内容と保険料のバランスが難しかった」といった意見を持っていることが分かりました。

また、公的な保険制度と民間生命保険のバランスで悩みを抱える人もいるようです。生命保険の選び方で迷うポイントは人それぞれですが、ほかの人が抱える疑問や悩みを参考にすると、正しい選び方を身につけられるでしょう。

(「いいえ」と回答した人)生命保険の選び方に迷わなかった理由

一方、「生命保険加入時に迷わなかった」と回答した人の声を聴いてみると、「職場の団体保険に加入したから」「知人がおすすめする生命保険に加入したから」といった意見が出てきました。

確かに、選択肢が少なかったり信頼できる人にすすめられたりすると、生命保険に加入すべきか迷いにくくなるでしょう。しかし、補償内容をちゃんと把握せずに生命保険を決めてしまうと、本当に備えたいリスクをカバーできなくなる可能性があります。

もちろん比較した結果、団体保険や知人がすすめる生命保険に加入するのであれば問題ありません。

しかし、それらが本当に加入すべき生命保険かを判断するには、正しい生命保険の選び方を身につける必要があります。

正しい生命保険の選び方とは?

正しい生命保険の選び方として、次の7つが挙げられます。

  • ・生命保険に加入する目的を考える
  • ・いざというときに必要な保険金額を決める
  • ・設定すべき保険期間を考える
  • ・月々の保険料を設定する
  • ・満期保険金額を設定する
  • ・解約返戻金が必要かどうかを考える
  • ・途中で見直しやすい保険を選ぶ

生命保険に加入する目的を考える

生命保険に加入するときは、まず「なぜ生命保険への加入を考えているのか」を明確にする必要があります。保険に加入する目的によって選ぶべき生命保険の種類が変わるからです。

たとえば、独身であり養っている家族がいなければ死亡保険で葬儀代をまかなったり医療保険で病気やケガに備えたりすると良いでしょう。

結婚して子どもができれば、学資保険で学費を貯めたり、定期保険や収入保障保険などでもしものときに家族にお金が遺るようにしたり、老後資金を用意しておきたい場合は、個人年金保険を検討するのも良いでしょう。

このように、目的によって選ぶべき生命保険の種類が変わるため、ライフステージや将来のプランを考えて保険を選びましょう。

いざというときに必要な保険金額を決める

加入する生命保険を選んだら、いざというときにどれくらいの保障が必要かを考えます。必要な保険金額は、次の計算式で求めます。

  • 必要な保険金額=遺族の支出-遺族の収入

遺族の支出と遺族の収入には、それぞれ次のものが挙げられます。

遺族の支出 ・残された家族の生活費
・子どもの教育費
・住居費(家賃、管理費など)
・葬儀費用、お墓の購入費用 など
遺族の収入 ・遺族年金(遺族基礎年金、遺族厚生年金)
・死亡退職金、弔慰金
・配偶者の就労収入、退職金 など

自分自身にもしものことがあっても、遺族の収入が遺族の支出を上回っていれば、生命保険に加入する必要性は低いかもしれません。しかし、よほど多くの資産が無い限り、子どもの学費や遺族の生活費をまかなうのは難しいでしょう。

また、車の買い替えや住宅のリフォームなど、亡くなったあとに残された家族がどのように生活をするのか考えたうえで保険金額を計算しましょう。

設定すべき保険期間を考える

生命保険を選ぶ際は、保険金額の設定のほかに保険期間も考えましょう。葬儀費用やお墓代を用意するために生命保険に加入するのであれば、終身保険のように保険期間が長いものを選ぶと良いです。

一方、子どもが自立するまでの死亡保障を用意したい場合は、定期保険や収入保障保険で子どもが大学を卒業する22歳を基準に満期を設定すると良いでしょう。

月々の保険料を設定する

生命保険に加入する目的に応じて適切な保険期間を設定するのは大切ですが、保険期間が長いほど保険料は高くなっていきます。

また、保障を手厚くするほどいざというときの備えを充実させられますが、過剰な備えを用意すると保険料を余計に支払うことになってしまいます。

保険料が負担になって家計が苦しくなってしまっては、本末転倒です。家計の収支やライフイベントを考えながら、どれくらいなら生命保険料の支払いを無理なくできるのか考えて月々の保険料を設定しましょう。

満期保険金額を設定する

満期保険金は、保険期間が満期を迎えたときに保険会社から支払われるお金です。個人年金保険や学資保険など、貯蓄性のある生命保険は、支払った保険料の総額よりも満期保険金のほうが多く受け取れる場合があります。

一方、掛け捨てタイプの定期保険や医療保険は、月々の保険料が抑えられている分、満期保険金が少なかったり受け取れなかったりします。

「生命保険に加入したものの、結局何も起こらずお金を受け取れなかった」といったケースも起こりうるため、満期保険金の有無や金額を確認してから生命保険に加入するのも大切です。

解約返戻金が必要かどうかを考える

解約返戻金とは、生命保険を解約するときに保険会社から受け取れるお金です。

人によっては、「生命保険に加入したけれど年月が経って不要に感じる」「現在加入している生命保険を解約してほかの生命保険に加入しよう」と思うかもしれません。

その場合、解約返戻金が支給されるタイプの生命保険に加入していれば、解約時にお金が受け取れるため、突発的な支出や再加入する生命保険の保険料に充てやすくなります。

ただし、多くの定期保険や低解約返戻金型生命保険のように、解約返戻金が支給されないものや解約返戻金額が少ないものもあるため注意が必要です。将来解約する可能性があるのであれば解約返戻金の有無や金額を加入時に確認しておきましょう。

途中で見直しやすい保険を選ぶ

一度生命保険を選んでも、就職や結婚・出産、子どもの自立や家族の死別など、ライフステージの変化によって必要な備えは変わります。そのため、生命保険を選ぶ際は、「途中で保障の見直しができるか」を考えることも大切です。

たとえば、定期保険に加入して保険期間を10年に設定すれば、10年ごとに保障内容を見直せます。

ただし保険期間が満了を迎えたあとに更新をする場合、保険料が上がってしまうので注意が必要です。また、商品によっては更新できない場合があるので、契約時に確認しておきましょう。

終身保険のように、一度加入したら基本的にプランを見直さない生命保険もあるので注意が必要です。見直す内容によっては一度解約が必要だったり、保険料が上がったりするケースもあるため、長期的な視野で保険を選ばなければなりません。

複数の生命保険を組み合わせるのも1つの方法

たくさんの生命保険から加入すべきものを絞り込むのは大変ですが、生命保険は1つしか加入できないわけではありません。

たとえば、個人年金保険で老後資金を貯めながら、がん保険に加入してがんの治療に手厚く備えるといった方法が考えられます。ライフプランに応じて生命保険をカスタマイズすれば、より個別性のある備えを用意できるでしょう。

ただし、組み合わせる生命保険によっては保障が重複して、余計な保険料を支払うことになるので、加入する際は、しっかりと確認しましょう。

まとめ

加入する生命保険を決めるには、公的な社会保障や預貯金、収支のバランスやライフプランなど、さまざまな要素を交えて検討することが大切です。

一度加入すると、プランを変更したりほかの保険に切り替えたりするのが大変になるので、満期まで加入し続けることを前提に生命保険を選びましょう。

特に、終身保険では保険の対象者が亡くなるまで保険料を支払う必要があるため、より長期的な視野で備えを考えることが大切です。

監修者プロフィール

 宮里 恵
(M・Mプランニング)

ファイナンシャルプランナー

保育士、営業事務の仕事を経てファイナンシャルプランナーへ転身。
それから13年間、独身・子育て世代・定年後と、幅広い層から相談をいただいています。
特に、主婦FPとして「等身大の目線でのアドバイス」が好評です。

個別相談を主に、マネーセミナーも定期的に行っている他、お金の専門家としてテレビ取材なども受けています。
人生100年時代の今、将来のための自助努力、今からできることを一緒に考えていきましょう。

SHARE ON:

コピー
完了

保険コンパスの
サービスを知る

無料相談
予約受付中!

まずはお気軽にご相談ください
0120-609-339
受付時間 9:00〜18:00 年中無休
スマホさえあればどこでも相談可能です
お待たせせずスムーズにご案内できます